機械式時計とファッション

機械式時計は、電池ではなく機械つまりゼンマイを動力にしている時計になります。オートマチックと手巻きの二種類があり、手巻きは文字通り時計の側面にあるネジを巻いてゼンマイを巻くことで動力となり、オートマチックは腕の振りや振動によって錘と呼ばれる錘が回転することで自動でゼンマイが巻かれる仕組みになっています。
機械式時計は基本的に厚く重いものが多く、面倒臭いというイメージを持つ人は多くいます。
しかし、面倒臭いけれどその面倒くささが良いという人も多く、ファッションとしても優れています。
機械式時計をファッションの観点で見た場合、時計のデザインだけではなくベルトにも注意して選びます。革ベルトは軽くておしゃれなデザインとなり、金属ベルトはスタイリッシュな印象を作れます。

機械式時計のお手入れの仕方

長く機械式時計を利用するためには、日々のお手入れをきちんと行うということが大切です。
お手入れの仕方としては、まず時計本体を綺麗にします。水拭きは時計の部品を錆びさせる原因となるため避けるようにします。綺麗にするときには化繊のメガネ拭きや鹿革を使うことで手垢などの汚れが取れます。
ベルトは、革の場合は毎日同じベルトは使用せず中二日は休ませるようにし、表面が乾いたら専用のクリームなどでケアする、カビやすいため湿度を保つようにします。金属の場合は時計本体から分離した上で、中性洗剤などで洗うと皮脂や垢などを取ることができます。
時計内のケアは素人では難しいため、分解清掃や調整、オーバーホールは専門の業者や職人に任せることが大切です。

パテックフィリップはスイスの高級腕時計メーカーですが、創業者はチェコ人とポーランド人です。その後スイスに移住し、時計の販売を始めたのです。