何といっても有害物質が少ない!

一般的なタバコの煙には、約4,000種類もの化学物質が含まれていると言われています。特に発がん性物質は問題視されていて、健康を害するものとしてタバコのパッケージにも大きく注意書きがなされているほどです。それでも大好きなタバコを止めることが出来ないという人は、人気急上昇中の電子タバコを検討してみるといいでしょう。電子タバコは、プロピレングリコール・グリセリン・フレーバー・精製水が主原料です。実は、日本製の電子タバコには、煙草に欠かせないニコチンが含まれていません。プロピレングリコールやグリセリンは、食品添加物として身近な食べ物にも使用されているものです。もともと安全性の高い原材料が使われているというのは、魅力ではないでしょうか。

周りの人への被害を大幅に軽減

タバコを吸っていることで起こる健康被害は、ある意味自業自得と言われても仕方がありません。しかしタバコの与える健康被害というのは、周りの人へも及ぼすことが問題なのです。いわゆる副流煙と呼ばれる問題です。タバコを吸っている人の近くにいると、煙が漂ってくるという経験をした人は少なくないでしょう。この煙には多くの有害物質が含まれていて、自身がタバコを吸っていなくても、副流煙を浴びることで受動喫煙となり、有害物質が体内に取り込まれてしまうのです。電子タバコはそもそも火をつけることがないため、煙は発生しません。煙のように見えるものは水蒸気であり、周りの人に健康被害を与えるものではないのです。臭いが気になるということであれば、柑橘系やミント系のフレーバー付きの電子タバコもあります。メリットが多い電子タバコ、タバコがやめられないと思っている人は検討してみてはどうでしょうか。

vapeは電子タバコの一種です。加熱式のタバコと違い、ニコチンを含みません。コストも低く、フレーバーが豊富です。